ルノー・キャプチャー 評価

ルノーのSUV、キャプチャーの評価・燃費・グレード一覧

ルノー・キャプチャーは2014年に登場した車種で、特徴は選べる2トーンボディーカラー。カジュアルな印象を与えつつも走りにもこだわりを持ったつくりとなっております。パワートレーンは1.2L直列4気筒ターボエンジンを採用し近年のヨーロッパ車のトレンドであるダウンサイジングに成功しています。グレードによりタイヤのホイールサイズが異なり、乗り心地が違うというのも大きな特徴です。

 

ルノー・キャプチャーの評価

@ダウンサイジングで軽快な走り
Aジップシートクロスでシート生地の着せ替えが出来る
Bポケットたくさんのインテリアで利便性高い

 

ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャーの乗り心地はルノーらしいゆるやかさ。運転席のシートリフターを採用しておりますのでどのような体格の方でも乗りやすいことでしょう。リヤシートはスライドも可能でニースペースを広げることも可能でゆったりと取れます。また、インテンスグレードではジップシートクロスを採用しており、ファスナーを外して着せ替えすることも可能です。燃費性能もまずまず、ECOモードを使えば燃料消費を最大10%削減することも出来ますので便利です。

 

さらにラゲッジルームはとにかく使い勝手が抜群。デッキボードは可動式で床下に格納することも出来ますし、フラットなフロアを作ることも可能。SUVらしい使い勝手の良さを堪能することが出来ることでしょう。その他の収納力もあり、シートバックポケットやインストアッパーボックス、センターストレージボックスなどちょっと嬉しい収納箱がたくさん配置されており、女性にも嬉しい仕様であります。ルノー・キャプチャーは使い勝手の良さと楽しめるインテリアにエクステリアと飽きない演出が満載です。

 

SUVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!

ルノー・キャプチャー 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

16.4km/L(20X、FF車)

4640×1820×1715

5.6m

SUVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!