プジョー2008 評価

プジョーのSUV、2008の評価・燃費・グレード一覧

プジョー2008は2013年に登場した都市型クロスオーバーSUVです。やや背が低めなのが特徴的で、ややワゴン風な雰囲気も醸し出しています。パワートレーンも独自性高く、1.2L直列3気筒自然吸気エンジンにエフィシェント・トロニック・ギヤボックスと呼ばれる日本初採用のトランスミッションとアイドリングストップを兼ね備えております。その結果高い燃費性能を持ち、リッター最大18.5キロと欧州車としてはかなりの水準です。

 

プジョー2008の評価

@日本に適した全高の低いクロスオーバー
A3気筒でも十分な加速感と軽やかさ
BLEDトラックで独自の室内照明は魅力的

 

プジョー2008

プジョー2008はターボが無いことと3気筒エンジンだけにパワーとしてはかなり心配ですが、意外にも力強い加速力を見せてくれます。そして静粛性も高くプジョーらしいスムーズなコーナリング性能も魅力です。パドルシフトを全車に標準装備しておりますので、よりスムーズな変速も自らの手で行えます。そして室内空間はとてもオシャレでLEDトラックというトリムにモダンアートのような切れ込みを入れ、淡い光を演出してくれる室内照明です。

 

先進機能としてはバックソナーを採用しており、後退時には超音波センサーで壁や障害物を検知、音とタッチスクリーンのグラフィックで注意喚起してくれます。さらにラゲッジの実用度もとても高く、リヤシートを格納すればフルフラットな拡大フロアを作ることも出来ますし、積載も非常にラクであります。プジョー2008は、確かにラグジュアリーSUVなどに比べるとパワーには不足感があるかもしれませんが、日本向けの全高の低さとインテリアの演出はそれらを補うに十分であると言えるでしょう。

 

SUVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!

プジョー2008 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

16.4km/L(20X、FF車)

4640×1820×1715

5.6m

SUVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!